HOME > 運営団体 > 代表紹介

代表紹介

小森 直 - Suguru Komori

昭和54年4月10日生まれ

慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業

総合商社の経理を経て、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース勤務。

その後、相続に特化した会計事務所、中小企業・富裕層を対象とした税理士法人勤務を経て、平成25年1月世田谷区にて税理士事務所開業。

経営革新等認定支援機関
一般社団法人金融検定協会 事業承継アドバイザー

東京税理士会 玉川支部 所属

経歴紹介 ~ ストーリー ~

大学卒業後、総合商社にて経理業務を経験。会社の業績が常に数字で評価されることを実感。社員がどんなに努力しても、その努力が数字として表れなければ評価されない。だからこそ、その努力ができる限り会社の数字に結びつく仕事をしたいと思い、税理士になることを決意。退職時には、社長から「税理士になるのは大変だから、辛くなったらいつでも戻って来い」と大変有難いお言葉を頂戴しましたが、「絶対に税理士になるまで諦めません。だから戻りません。」とキッパリお断り。決意表明をしたつもりでしたが、人事部長、経理部長を慌てさせてしまいました。社長は「よし、頑張れ」とご理解頂けた模様。

その後、資格の専門学校TACで受験勉強スタート。1年目、人生で最も勉強する。寝ても覚めても勉強。TAC内での成績も常に上位。意気揚々と3科目を受験するも1科目しか合格できず、早くも心が折れそうになる。が、社長への決意表明を思い出し、心を奮い立たせる。2年目、1年目の反省をもとに、税理士試験はどういう人を合格させたいのか、どう勉強すれば合格できるのかを考え、自分なりの税理士合格方法を導き出し、実行する。その結果、2年目は3科目受験し、見事3科目合格。2年間で5科目中4科目合格し、ゴールが見えたため、残り1科目の勉強をしながら、TACにて所得税法の通信講座講師を始める。

受験が終了し、合格発表前に税理士法人プライスウォーターハウスクーパースに入社。外資系の大手企業、国内の大手企業の申告書作成業務、税務コンサルティング業務、M&Aの税務デューデリジェンス業務を経験。入社3か月後の合格発表で残り1科目が不合格となる。激務のため、全く勉強できず、会社制度を利用して、受験前休暇を4週間もらう。最初の2週間、激務からの解放感で遊んでしまう。後半2週間必死に勉強し、合格。漸く税理士になる。激務の中で、税理士としての礎を築き、また、激務を共にしたことで信頼できる仲間ができました。

会社ではなく、お客様個人のお役に立てるような税理士になりたい、お客様個人と真剣に向き合って仕事をしたいという想いから、相続を専門とする個人事務所に転職。少人数の事務所だったため、3億~5億円程の財産規模のお客様を中心に年間10件以上の実務経験を積む。お客様の声に耳を傾け、真剣に話を良く聞き、お客様の言葉だけでなく、心の中で本当にどう思っているのかという真意を理解するように心掛けたことは、とても良い勉強になりました。

その後、もう少し財産規模の大きい相続の仕事をするために中小企業及び富裕層を対象とする税理士法人に転職。実際には相続の案件は少なく、中小企業の記帳代行といった財務・会計から税務申告を行うといった、一般的な税理士が行っている業務を経験する。その経験で中小企業の場合は、会社≒個人であることを実感し、今までの実務経験が活きると確信。一方で、社長個人の話を聞けば聞くほど、一般的な税理士の業務範囲では、社長の悩みを解決してあげることはできないと痛感する。しかし、税理士法人に属する一税理士としては、担当する会社数も多いため、一人一人の社長と真剣に向き合うことは難しいと感じ、例えお客様の数が少なくとも、一人一人の社長の声に真摯に対応したいという想いで独立を決意。

お客様の悩みや不安は既に相続が発生してしまっている方、これから相続を迎える方、事業承継を控えている方、自分の年齢、親の年齢などと状況や年齢ごとに様々です。また、各状況で、いくら納税が発生するのか、遺産分割でもめないか、相続が自分の将来設計にマイナスの影響を与えないか、会社を誰にどうやって引き継ぐかなどと不安も様々です。誰にも相談できないこと、今何をすべきか分からない、こんなつまらないことを相談していいのかなと思っていること、ちょっと愚痴を聞いてもらいたいなど、何でも結構です。

私は、お客様とのコミュニケーションを大切にし、お客様と共に悩み、共に考え、共に実行し、共に成長し、お客様にとって最良のパートナーでありたいです。

こんな人です ~ 80点を目指します ~

私は、残念ながら凡人だと思います。
いつも100点満点を取るなんてできません。
精神的にもかなりきつい。
100点満点を取ろうと思ったら、あと10点、あと20点何が足りないのかということを必死に考える。

でも、90点も80点も十分合格点ですよね。

だから、
私は合格点の80点をいつも目標にしています。

80点を取るためには、問題点を発見し、その中で大きな問題点をクリアすれば、すぐに達成できます。
その他の小さな問題点は、次のステップで、また大きな問題と小さな問題に分けて、少しずつクリアしていく。

大切なのは、80点を取り続けること、つまり継続です。

現状を分析し、問題点を整理し、80点を取るためには、どうすれば良いか、自分に合った方法は何かを考え、実行する。
そして、また分析して問題点を整理する。

その積み重ねが将来の不安を減らしていきます。
月並みですが、努力は必ず報われると私は信じています。

私と共に80点を取り続け、安心できる将来を創っていきたい方、お待ちしております。

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			0120-450-155

メールでのご相談はこちら

無料相談を受け付けてます

専門家がお話をうかがいます

1.お気軽にお問合せください。

ご都合のよい日をお選びいただき、担当者との日程調整をさせていただきます。

電話番号: 0120-450-155

土日の面談をご希望の方はご相談ください。

専門家がお話をうかがいます

2.専門家がお話をうかがいます

およそ 60分の無料相談 では、相続の専門家が、お客さまのお話をしっかりとお聞かせいただきます。
相続の専門家が分かりやすくお答えいたします。